1. <track id="afjae"></track>

      1. <acronym id="afjae"></acronym>
        <optgroup id="afjae"></optgroup>

        首頁 > 新聞資訊 > 外國文學賞析—中日譯文對照
        產品類別 / CATEGORY
        聯系我們 / CONTACT US

        北京譯海騰飛翻譯公司

        聯系電話:010-81534401,65677906

        公司傳真:010-65677906

        項目經理:13241835386

        聯系信箱:81534401@163.com

        聯系地址:北京市朝陽區南郎家園1號大北寫字樓512室(國貿橋東南角,緊鄰招商局、海航大廈)

        郵政編碼:100022

        公司網址:http://www.msmaggi4goa.com

        新聞資訊
        外國文學賞析—中日譯文對照
        編輯:北京譯海騰飛翻譯公司   發布時間:2019-03-07

        昔、切支丹キリシタンが初めて日本に渡來したころ、この愛という語で非常に苦労したという話がある。あちらでは愛すは好むで、人を愛す、物を愛す、みな一様に好むという平凡な語が一つあるだけだ。ところが、日本の武士道では、不義はお家の御法度で、色戀というと、すぐ不義とくる。戀愛はよこしまなものにきめられていて、清純な意味が愛の一字にふくまれておらぬのである。切支丹は愛を説く。神の愛、キリシトの愛、けれども愛は不義につらなるニュアンスが強いのだから、この訳語に困惑したので、苦心のあげくに発明したのが、大切という言葉だ。すなわち「神デウスのご大切」「キリシトのご大切」と稱し、余は汝を愛す、というのを、余は汝を大切に思う、と訳したのである。

        從前,當天主教最初東渡到日本的時候,據說愛這個字很難說出口。而外國人卻喜歡說愛,愛人,愛物,大家一樣喜歡而通俗的詞只有一個。然而,日本的武士道卻將不道德作為家庭的戒律,當說到色情時,馬上想到不道德。戀愛被認定為是不正經的,愛這個詞中包含著清純的意思卻不包括我。天主教講究愛,神之愛,天父之愛,可是愛卻牽連到不道德,語感很強,作為苦心發明出來的結果,一個重要的詞語,卻使人很為難。也就是說,如果說上帝的保重,耶穌的保重,翻譯過來就是我愛你,我想讓你保重。

        実際、今日われわれの日常の慣用においても、愛とか戀は何となく板につかない言葉の一つで、僕はあなたを愛します、などというと、舞臺の上でウワの空にしゃべっているような、われわれの生活の地盤に密著しない空々しさが感じられる。愛す、というのは何となくキザだ。そこで、僕はあなたがすきだ、という。この方がホンモノらしい重量があるような気がするから、要するに英語のラヴと同じ結果になるようだが、しかし、日本語のすきだ、だけでは力不足の感があり、チョコレートなみにしかすきでないような物たりなさがあるから、しかたなしに、とてもすきなんだ、と力むことになる。

          實際上,在我們今天的日常慣用語中,愛與戀已經成為恰如其分的一個詞語了,如果我說愛你,我是在與舞臺上的天空交談而并不感到空虛,它并不靠近我們的生活范圍。愛這個詞總覺得有點裝腔作勢。在這里,就是我喜歡你的意思,因為這里含有正式的重量級的口氣,總而言之,它與英語中的愛情有著同樣的結果,然而我更喜歡日語,只是覺得它力量不足,由于缺乏像巧克力那樣一般不喜歡的東西,怎么也喜歡不起來,逞強而已。

        注:ラヴ為法語L'amour

        日本の言葉は明治以來、外來文化に合わせて間に合わせた言葉が多いせいか、言葉の意味と、それがわれわれの日常に慣用される言葉のイノチがまちまちであったり、同義語が多様でその各々に靄がかかっているような境界線の不明確な言葉が多い。これを稱して言葉の國というべきか、われわれの文化がそこから御利益を受けているか、私は大いに疑っている。

        日本詞語在明治以來與外來文化融合的過程中,被融合的詞語很多,詞語的意思和我們的日常慣用詞語的壽命各不相同,同義詞的多樣性使每個詞語有著騰云駕霧的境界線,不明確的詞語很多。這里所稱的詞語是否應該國語化,我們的文化是否從那里受益,我抱有很大的疑問。


        成长免费视频

          1. <track id="afjae"></track>

            1. <acronym id="afjae"></acronym>
              <optgroup id="afjae"></optgroup>